2006年03月25日

『冬の花火、春の枯葉』26(日)はスペシャルカフェ!

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

にしすがも創造舎特設劇場で上演中の『冬の花火、春の枯葉』は、この日二日目で昼と夜、2公演がありました。

本日のクラブ「斜陽」は大盛況!たくさんのお客様にビールやワイン、オリジナルカクテル"OSAMU"を召し上がっていただきました。舞台上のアンティークなソファでおくつろぎいただき、賑やかな場となりました。

そしてこの日も踊り子たちによる「カンカン座」がキラキラと輝いておりました。レトロな和製ジャズにのった、ゴージャスな衣装の踊り子たちによるレビューは何ともキュート!必見です。

dazai_05.jpg

終演後は、出演者の山田宏平さん(山の手事情社)、三橋麻子さん(Ort-d.d)によるポストパフォーマンス・トークの後、演出家(クラブ「斜陽」店主?)の倉迫康史さん、舞台美術を担当された伊藤雅子さんによるポストパフォーマンス・トークがありました。

dazai_06.jpg

伊藤さんの舞台美術によって、この劇場は非日常的な空間、「今と過去、和と洋、男と女の融けあうところ」となっていました。ぜひ直接会場お越しいただき、この劇場をご覧いただきたいと思います。

dazai_04.jpg

さて、26日(日)は、終演後に宮沢章夫さんをゲストに迎えてのポスト・パフォーマンストークを予定しております。当日券がございますのでどうぞ会場受付でお買い求めください。その後、にしすがも創造舎の2階サロンで「HARUKAZE Night(春風ナイト)」としてスペシャルカフェを営業いたします!

ぜひ皆さまもお立ち寄りいただき、公演を終えた出演者・スタッフの方々との語らいを楽しんでいってくださいませ。


posted by YAMP at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 冬の花火、春の枯葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。