2006年03月28日

東京国際芸術祭2006閉幕しました

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

2月上旬に開幕した東京国際芸術祭2006が、とうとう『冬の花火、春の枯葉』公演終了をもって閉幕いたしました。

開幕直後はとても寒かったのに、いつのまにやら暖かくなり、東京国際芸術祭が閉幕した日には、西巣鴨で桜の蕾が開きかけていました。もうすっかり春!ですね。

さて今年の東京国際芸術祭を振り返りますと、オープニングを飾ったのは『アメリカ現代戯曲&劇作家シリーズvol.1 ドラマリーディング』でした。選りすぐりの現代アメリカの新作戯曲4本それぞれを、日本の気鋭の演出家が演出し、ドラマリーディング公演を行いました。

次に始まったのが、リージョナルシアター・シリーズです。全国の若手の実力派カンパニーを東京に招聘し、池袋の東京芸術劇場でそれぞれ公演を行いました。ラインナップは劇団Ugly duckling(大阪)『改訂版さっちゃん』、現代時報(盛岡)『親密な他人』、劇団SKグループ(札幌)『再演A。』、北九州芸術劇場×飛ぶ劇場『IRON(アイアン)』でした。

3月に入ってから、にしすがも創造舎特設劇場で公演を行ったのが、イスラエルにおける暴力と悲劇を舞台上で我々に突きつけた衝撃的な舞台『ストロベリークリームと火薬』、そして日本、英国、クウェートによる国際共同プロデュースで実現した『カリラ・ワ・ディムナ-王子たちの鏡』です。

また、東京国際芸術祭2006提携公演として『4.48 サイコシス』が上演されました。ドラマトゥルクとして長島確さんが創造のプロセスに関わり、演出家と共同で作品づくりを行った作品でした。

彩の国さいたま芸術劇場にはドイツ座が『エミーリア・ガロッティ』を携えて来日し、きわめてシンプルでありながら美しく激しい舞台を私たちに見せてくれました。

そして最終週、スリーポイント・プロデュース ベケット・ライブvol.7として『見ちがい言いちがい』が始まり、最後に太宰治が見つめた「敗北」を、ユーモアとサービスをふんだんに盛り込んで現代に問いかけた『冬の花火、春の枯葉』がにしすがも創造舎特設劇場で上演されました。

0327_01.jpg

たくさんのお客様にご来場いただきまして、本当にありがとうございました!皆さまに楽しんでいただけたら何よりです。

また来年、桃の蕾うるむ頃、「東京国際芸術祭2007」が開催される予定です。今回ご来場いただきました方々、ぜひまた来年もご期待くださいませ。

皆さまに東京国際芸術祭をより知っていただくために始めたこのブログも、本日をもって終了いたします。ご来訪いただいた皆さま、コメント・トラックバックをしてくださった方々、ありがとうございました!

それでは、また来年お会いいたしましょう!


posted by YAMP at 03:30| Comment(44) | TrackBack(10) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

『冬の花火、春の枯葉』公演終了!

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

本日、東京国際芸術祭2006の最後の演目である『冬の花火、春の枯葉』の全公演が終了しました!全4日間・計6回の公演で、たくさんのお客様にご来場いただきました。

dazai_07.jpg

クラブ「斜陽」自慢の「カンカン座」によるレビューは楽しんでいただけましたでしょうか? 可愛くてセクシーなカンカン娘のダンスを間近でご覧いただけた方は幸せです。眼福とはまさにこのことです。当店従業員(男子)も釘付けになっておりました。

実は舞台やロビーに置かれたソファやテーブルは、現在は閉店したクラブで実際に使用されていたものです。ゴージャスだけどちょっと古めかしい感じが、クラブ「斜陽」の雰囲気にぴったりでした。

またクラブ「斜陽」では、女優の皆さまが女給姿でフロアを回り、男優の方々もグラス片手にロビーやソファでくつろいだ姿を見せていました。上演が始まってから、キャストの方々だと知ってびっくりされた方も多かったのではないでしょうか?

dazai_10.jpg

『冬の花火、春の枯葉』は、第一場「冬の花火」、第二場「春の枯葉」、第三場「おさん」という構成になっていました。演出家の倉迫さんは「もともと家庭劇がやりたかった」ということで太宰治の戯曲を選ばれたそうです。

太宰治は敗戦後まもなく、疎開先の故郷・津軽から東京に戻り、「冬の花火」「春の枯葉」そして「おさん」を書き上げました。そこに流れているのは、故郷津軽とそこに住む人々への苦い思い、「日本再建とやら」を謳う「指導者」たちへの嫌悪、「日本は、もう、何もかも、だめなのだわ。そうして、あたしも、もうだめなのだわ。」という絶望です。

倉迫さんが先日のポスト・パフォーマンストークで仰っていたのが「僕たちは、負け犬だとか、勝ち組負け組だとか、負けることをとても恐れているけれど、敗戦ということをしっかりと受け止めないまま今日まで来てしまったのではないか」ということでした。

dazai_11.jpg

大勢のお客さまに楽しんでいただけたようで、まさに東京国際芸術祭のフィナーレを飾るにふさわしい作品だったと思います。最後の公演が無事終了して、ほっとすると同時に寂しい気もいたしますが、たくさんのご来場ありがとうございました!
posted by YAMP at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬の花火、春の枯葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

『冬の花火、春の枯葉』27(月)楽日です

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

本日は『冬の花火、春の枯葉』の公演三日目でした。
クラブ「斜陽」演出担当の指示のもと、劇場スタッフもばりばりにおめかししております。すっかりクラブの従業員っぽくなってまいりました。

dazai_08.jpg

この日の終演後には、劇作家・演出家の宮沢章夫さんをゲストに迎えてのポスト・パフォーマンストークが開催されました。宮沢さんは以前、富士日記で『冬の花火』について戯曲としては下手だけどそこには普遍性がある、と書かれていて、倉迫さんはぜひお話してみたいと思っていたそうです。

dazai_09.jpg

ポスト・パフォーマンストークの後は、本校舎2階でスペシャルカフェ「HARUKAZE Night(春風ナイト)」が開かれました。ちらし寿司、つくね蓮根など春の香りのする和風メニューは大人気で、演出家・スタッフ・俳優の方々と観客の皆さまとで話に花が咲き、夜遅くまで宴が続きました。

27日(月)はとうとう『冬の花火、春の枯葉』の千秋楽です。東京国際芸術祭の最後の演目の最終公演、ぜひご覧になってくださいませ!従業員一同、心よりお待ちしております。
posted by YAMP at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬の花火、春の枯葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

『冬の花火、春の枯葉』26(日)はスペシャルカフェ!

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

にしすがも創造舎特設劇場で上演中の『冬の花火、春の枯葉』は、この日二日目で昼と夜、2公演がありました。

本日のクラブ「斜陽」は大盛況!たくさんのお客様にビールやワイン、オリジナルカクテル"OSAMU"を召し上がっていただきました。舞台上のアンティークなソファでおくつろぎいただき、賑やかな場となりました。

そしてこの日も踊り子たちによる「カンカン座」がキラキラと輝いておりました。レトロな和製ジャズにのった、ゴージャスな衣装の踊り子たちによるレビューは何ともキュート!必見です。

dazai_05.jpg

終演後は、出演者の山田宏平さん(山の手事情社)、三橋麻子さん(Ort-d.d)によるポストパフォーマンス・トークの後、演出家(クラブ「斜陽」店主?)の倉迫康史さん、舞台美術を担当された伊藤雅子さんによるポストパフォーマンス・トークがありました。

dazai_06.jpg

伊藤さんの舞台美術によって、この劇場は非日常的な空間、「今と過去、和と洋、男と女の融けあうところ」となっていました。ぜひ直接会場お越しいただき、この劇場をご覧いただきたいと思います。

dazai_04.jpg

さて、26日(日)は、終演後に宮沢章夫さんをゲストに迎えてのポスト・パフォーマンストークを予定しております。当日券がございますのでどうぞ会場受付でお買い求めください。その後、にしすがも創造舎の2階サロンで「HARUKAZE Night(春風ナイト)」としてスペシャルカフェを営業いたします!

ぜひ皆さまもお立ち寄りいただき、公演を終えた出演者・スタッフの方々との語らいを楽しんでいってくださいませ。
posted by YAMP at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 冬の花火、春の枯葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

『冬の花火、春の枯葉』公演始まりました!

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

東京国際芸術祭の最後の演目、『冬の花火、春の枯葉』の幕が開けました。にしすがも創造舎で稽古を重ねたこの芝居が、特設劇場で初めてのお披露目となりました。
また、クラブ「斜陽」もオープンいたしました。

dazai_01.jpg

場内に一歩足を踏み入れていただくと、そこは日常とは別世界、和製ジャズの流れるクラブ。華やかな衣装を身にまとった踊り子と女給が皆さまをご案内いたします。

dazai_02.jpg

劇場内の様子は見てのお楽しみ!特製カクテル"OSAMU"やビール、ワインなどをお飲みいただき、ソファでおくつろぎいただいてからの開演となりました。客席にもお飲み物をお持込いただき、グラス片手に踊り子たちのレビューをご覧いただきました。

dazai_03.jpg
演出・構成を担当されたOrt.d.-dの倉迫康史さん

開演30分前(開場)までにお越しいただけると、踊り子による特別レビューもご覧いただけます。お時間の都合がよろしければ、どうぞお早めにお越しくださいませ。クラブ「斜陽」をよりお楽しみいただけると思います。
posted by YAMP at 23:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 冬の花火、春の枯葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

『冬の花火、春の枯葉』24日(金)から!

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

東京国際芸術祭もいよいよ閉幕に近づいてまいりました。
芸術祭の最後を飾るのは、Ort-d.dの倉迫康史さん構成・演出、太宰治原作の舞台『冬の花火、春の枯葉』です。

出演者は市川梢さん、岡田宗介さん、寺内亜矢子さん(ク・ナウカ)、三橋麻子さん(Ort-d.d)、村上哲也さん、山田宏平さん(山の手事情社)です。

kimonoya.jpg
©萩原靖

「太宰原作の演劇って、暗くて、救いがなくて、うじうじした感じじゃないの?」いえいえ、とんでもございません。コミカルでユーモラスで、お楽しみがたくさん用意されております。

「どうしようかなー」と迷っておられる方、ぜひお越しくださいませ。決して損はさせません!

『冬の花火、春の枯葉』についてのQ&A

・クラブ「斜陽」ってなに?
『冬の花火、春の枯葉』上演1時間前から、上演会場であるにしすがも創造舎特設劇場でオープンする、昭和風クラブでございます。女給がお客様を接待いたします。踊り子によるフレンチカンカンもお楽しみいただけます。

・クラブ「斜陽」にはどうやったら入場できる?
こちらのクラブは『冬の花火、春の枯葉』を観劇される方のみご入場いただけます。チケットをお持ちいただくか、当日券をお求めください。

・当日券はいつ、どこで販売するの?
開演1時間前より、にしすがも創造舎特設劇場の受付窓口で販売いたします。

・上演スケジュールは?
こちらをご確認ください。

・上演時間はどれくらい?
1時間40分です。

・何着ていけばいい?
どうぞカジュアルな服装でいらしてください。ファッションチェックはありません。

『冬の花火、春の枯葉』は24日(金)から27日(月)までの公演となります。皆様のお越しを心よりお待ちしております。
posted by YAMP at 14:42| Comment(4) | TrackBack(1) | 冬の花火、春の枯葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

『見ちがい言いちがい』公演始まりました

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

下北沢「劇」小劇場にて、スリーポイント・プロデュース、ベケット・ライブvol.7『見ちがい言いちがい』の公演が始まりました。

beket.jpeg
©宮内勝
ベケットライブvol6『クァクァ』

ベケット・ライブは、「ゴドーを待ちながら」などで知られるサミュエル・ベケットの後期作品を中心に上演しているシリーズです。

初日はあいにくの雨でしたが、客席は満席でした。
一人芝居という形式ですが、最初から最後まで鈴木理江子さんの演技に引き込まれました。緊張感のある濃密な舞台です。

こちらの公演は26日(日)までの上演となっております。
posted by YAMP at 22:19| Comment(3) | TrackBack(1) | 見ちがい言いちがい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

『見ちがい言いちがい』22日(水)から!

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

女優・鈴木理江子さんが一人芝居に挑む、サミュエル・ベケット原作『見ちがい言いちがい』が22日(水)から始まります。会場は、下北沢「劇」小劇場です。

three.jpeg
©宮内勝
ベケットライブvol6『クァクァ』

こちらはベケットの後期作品を上演する「ベケット・ライブ」シリーズ7作目となります。
出演は鈴木理江子さん、三浦基さんが演出を行い、フランス文学者の宇野邦一さんが新訳・コンセプト構成を手がけます。

22日(水)から26日(日)までの上演となります。上演スケジュール詳細についてはこちらをご確認ください。

ベケット後期の散文『見ちがい言いちがい』をどのように上演するのか、ぜひご期待ください。
posted by YAMP at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 見ちがい言いちがい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『4.48 サイコシス』千秋楽でした

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

にしすがも創造舎特設劇場で上演されていた『4.48 サイコシス』の公演が終了いたしました。全4回の公演でした。

20日(月)のポスト・パフォーマンス・トークでは、大西暢夫さんをゲストに迎えて、カメラマンとして精神病棟を訪れた経験などについて語っていただきました。

448_21.jpg
物販ブースで大西暢夫さんの著作を販売いたしました

作品づくりの背景や、自殺者が年間3万2千人を超えるという日本の現状、問題意識などについて演出家の阿部初美さんやドラマトゥルクの長島確さんからもお話がありました。お客様からも本公演のご感想を積極的に発言していただき、ポスト・パフォーマンス・トークは大変盛り上がりを見せました。

448_20.jpg

今回の公演は、演出家や俳優の皆さんの試行錯誤の積み重ねの上に作り上げた作品で、決してわかりやすい内容ではありませんでしたが、多くのお客様にしっかりと受けとめていただけたようでした。
posted by YAMP at 22:31| Comment(1) | TrackBack(2) | 4.48サイコシス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『エミーリア・ガロッティ』公演終了しました

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

19日から始まっていた、ドイツ座『エミーリア・ガロッティ』の公演が終了しました!さいたま芸術劇場での全3回の公演でした。

emilia_04.jpg

物販ブースは大盛況で、2日目にして『エミーリア・ガロッティ』オリジナルプログラムは売り切れてしまったそうです。私もうっかり買い忘れてしまいました。うーん、残念です。

emilia_07.jpg
終演後も賑わうロビー

さいたま芸術劇場での公演を終えて、ドイツ座『エミーリア・ガロッティ』はこの後、山口情報芸術センターで公演を行います。ぜひより多くの方々にこの舞台を楽しんでいただけたらと思います。

2006年03月20日

marie claireで『エミーリア・ガロッティ』紹介されてます

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

marie claireで『エミーリア・ガロッティ』が紹介されています。

m35.jpg

日本におけるドイツ年シリーズの一環でもある本公演、残念ながら東京での公演は全3回のみとなっております。

20日(月)19:30からの公演では、終演後にポスト・パフォーマンス・トークも予定しております。21日(火・祝)15:00の公演が最終公演となりますので、日本では滅多にお目にかかれない名門ドイツ座の本公演、ぜひお見逃しなく!

『4.48 サイコシス』21(火)千秋楽です

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

にしすがも創造舎特設劇場で上演中の『4.48 サイコシス』も、本日(20日)19:30からの公演と21日(火)14:00からの公演を残すのみとなりました。

戯曲『4.48 サイコシス』の作者サラ・ケインは28歳で自ら命を断ったイギリス人劇作家。タイトルの「4.48」は、彼女が毎朝4時48分になると必ず目を覚まして、覚醒した意識でこの戯曲を書いたことに由来していると言われています。

book_04.gif

彼女が遺した作品はわずか6作品ですが、現代演劇にとってきわめて重要な存在と評されています。その彼女の作品を上演するにあたって、どのように作品づくりを行っていったのか、演出家の阿部初美さんとドラマトゥルクの長島確さんのインタビューがシアターガイド4月号に掲載されています。

21日(火)に千秋楽を迎える『4.48 サイコシス』、ぜひ直接会場に足を運んでご覧ください。
posted by YAMP at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 4.48サイコシス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巣鴨地蔵通り・福むすび

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

地蔵通りを上りきったところ、庚申塚駅の手前にあるのが、おむすび&和風カフェ、福むすびです。
地蔵通りの入り口あたりは、塩大福や地蔵せんべいなどのハレっぽい食べ物が多いのですが、この辺りは地元の人が買い物に来るような、生活感あふれるお店が立ち並んでいます。

fuku_01.jpg

こちらのお店は、おむすびやオリジナル丼などの和風の食事処ですが、店内は喫茶店風。お味噌汁とお惣菜がついた福むすびセットや、おむすびスープ茶漬けなど、和風カフェっぽいメニューが揃っています。
おむすびスープ茶漬けをいただきましたが、おいしいです。そして案外お腹いっぱいになります。

「まちあるきMAP」を持ってこちらでお食事すると、ドリンクを一杯サービスしていただけます。ちょっとお腹が空いたという折にはぜひお訪ねください。

「おむすび&和風カフェ 福むすび」
電話番号:03-3949-4574
営業時間:11:30-21:00
定休日:月曜
posted by YAMP at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 巣鴨・西巣鴨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

『エミーリア・ガロッティ』初日でした

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

彩の国さいたま芸術劇場(大ホール)で、ドイツ座公演『エミーリア・ガロッティ』初日の幕が開きました。
この日は大変な強風が吹き荒れて、電車も遅れたほどだったのですが、大勢のお客様にお越しいただきました。

emilia_01.jpg

舞台の上にあるのはファッションショーのステージのような空間と、登場人物たちの肉体だけです。しかし終演後は、この上なく美しいこの舞台に対して、客席から大きな拍手が送られました。

emilia_02.jpg

ロビーでは、『エミーリア・ガロッティ』オリジナルプログラムと、ドイツ座オリジナルTシャツを販売しております。プログラムはお洒落でかわいらしく、ドイツ語にもかかわらず大勢のお客様が購入されていました。

emilia_03.jpg

『エミーリア・ガロッティ』は残り20日(月)19:30、21日(火・祝)15:00からの公演となっております。さいたま芸術劇場まで、ぜひお越し下さい。

2006年03月18日

『4.48 サイコシス』公演始まりました

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

本日、『4.48 サイコシス』の幕が開きました。
初日ということでスタッフも緊張ぎみでしたが、無事この日の公演は終了しました。

448_011.jpg

公演後のレセプションでは、演出家の阿部初美さんとドラマトゥルクの長島確さんがご挨拶されました。お二人は膨大なリサーチをもとに、共同でこの作品を作り上げてきました。

448_012.jpg

舞台美術や音楽にもさまざまな仕掛けがありますので、ぜひ劇場へ足をお運びになって、この不思議な劇世界をご体験下さい。19日(日)は14:00から、20日(月)は14:00/19:30からの公演となっております。

20日(月)の19:30の回には、終演後にフリーカメラマンの大西暢夫さんをゲストに迎えてのポスト・パフォーマンス・トークも予定しておりますので、お時間がありましたらぜひこちらもお越し下さい。
posted by YAMP at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 4.48サイコシス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

『4.48 サイコシス』18(土)初日です!

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

演出家の阿部初美さんとドラマトゥルク長島確さんによる、サラ・ケインの戯曲の上演『4.48 サイコシス』、18日(土)から幕が開きます。
長島確さんによる作品コンセプトがこちらでお読みいただけます。

稽古場レポートはこちら↓
『4.48 サイコシス』稽古場レポート(1)
『4.48 サイコシス』稽古場レポート(2)
『4.48 サイコシス』稽古場レポート(3)

初日の18日(土)は19:30からの開演です。
演出家の阿部さんとドラマトゥルクの長島さんが1年以上かけて練り上げ、さらに俳優の皆さんによる試行錯誤が一体どんな舞台を生み出すことになるのか、皆さまもぜひ目撃してください!

448.jpg
©佐藤慎也

『4.48 サイコシス』についてのQ&A

・公演スケジュールは?
こちらの公演情報をご確認ください。

・会場は?
にしすがも創造舎特設劇場です。都営三田線西巣鴨駅が最寄駅です。

・当日券ある?
当日、会場にて販売しておりますのでお買い求めください。全席自由席です。

・煙草吸える?
会場での喫煙はご遠慮いただいておりますが、場外に喫煙所を設けております。喫煙所がわからない場合はスタッフにお問い合わせください。

・会場で飲食できますか
ロビーでコーヒー、ジュースなどご用意しています。客席でのご飲食はご遠慮いただいておりますので、ロビーにてご飲食願います。また、開演1時間前よりカフェを営業しておりますので、こちらもご利用ください。

会場でお配りする「まちあるきMAP」にも周辺の飲食店とクーポン情報が掲載されていますので、ぜひご活用ください。
posted by YAMP at 11:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 4.48サイコシス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『エミーリア・ガロッティ』19(日)から

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

ドイツ語圏の舞台の「最高峰」として知られるドイツ座の公演『エミーリア・ガロッティ』が19日(日)から始まります。
18世紀の古典戯曲を現代に蘇らせた本作品は、2001年の初演以来すべての公演が即日完売し、ニューヨーク、モスクワなど世界の劇場でも絶賛されてきました。

翻訳家の萩原さんによる解説も掲載されていますので、ぜひお読みください。

emilia_pictures%20002.jpg
©IKO FREESE/DRAMA.

『エミーリア・ガロッティ』についてのQ&A

・字幕ある?
日本語字幕がありますので、ご安心ください。

・上演スケジュールは?
19日(日)から21日(火・祝)まで、全3日間の公演となります。詳しくはこちらの公演情報をご確認ください。

・上演時間は?
1時間15分です。

・会場は?
彩の国さいたま芸術劇場での公演となります。JR埼京線与野本町駅が最寄り駅です。詳しくはこちらをご確認ください。

巣鴨地蔵通り・とげぬき地蔵

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

「とげぬき地蔵」として有名なのが、地蔵通り中ほどにある高岩寺。明治24年にこのお寺が下谷から移転して以来、この通りは門前町として賑やかになっていきました。

togenuki_01.jpg

その昔、田村某という武士の妻が重い病にかかり、治したい一心で地蔵尊に願をかけたところ、地蔵の御影を1万体川に流せ、と夢でお告げがあったそうです。その通りにしたところ妻の病は治り、田村某はこの尊像を高岩寺に奉納しました。

togenuki_02.jpg

いつしかこの尊像をいただくと病が治る(病のとげを抜く)といわれ、「とげぬき地蔵」と呼ばれるようになった、ということです。

togenuki_02.jpg

現在は本堂の前に「洗い観音」が設置されています。訪れる人たちは患部と同じ場所を水で洗って病気平癒を願います。ほんとにいつ訪れても行列ができています。
posted by YAMP at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 巣鴨・西巣鴨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

『カリラ・ワ・ディムナ』千秋楽でした

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

演出家スレイマン・アルバッサーム氏によるア『カリラ・ワ・ディムナ−王子たちの鏡』が千秋楽を迎えました。

sulayman_05.jpg
ロンドンのバービカンセンターから花束が届いてました

スレイマン・アルバッサーム氏はシェイクスピアを思わせる格調高い台詞と、洗練された美しい演出によって、現実と寓話が交じり合う不思議な劇世界へ私たちを誘いこんでいきました。
舞台の上で起こったことは単なる「遠いイスラム世界の歴史劇」ではなく、私たちに「現代」について深く考えさせるもので、ほんとうに得がたい体験でした。

sulayman_06.jpg
全員集合!(ブレてしまいました……)

こちらに『カリラ・ワ・ディムナ』の素晴らしい劇評がされています。ぜひご一読ください。

エル・ジャポンで『エミーリア・ガロッティ』紹介されました

東京国際芸術祭スタッフの宮崎です。

19日(日)から始まるドイツ座の公演『エミーリア・ガロッティ』がエル・ジャポンで紹介されました。

ellejapon.jpg

ミヒャエル・タールハイマー演出によるこちらの作品を、「クールでスタイリッシュ」な演出でありながら、「マグマのような熱い情熱」を秘めた注目の舞台として紹介しています。

マスメディアからも注目を集めているこちらの作品も、そろそろ初日が近づいてまいりました。19日(日)からの公演となります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。